足が短い猫で人気のマンチカンは、猫の種類の中でも短い足を持つことで有名です。

では、マンチカンは昔からこのように短足なのでしょうか?

種類によっては足が長いマンチカンもいますので、なぜ短足のマンチカンが産まれたか見てみます。

マンチカン 暴れる しつけ

マンチカンの歴史

短足マンチカン登場

マンチカンが短足であることが解明されたのは1980年にアメリカでのことです

短足のメス猫が見つかり保護されたのがマンチカンのご先祖様です。

その後遺伝的な研究が始まり、結果マンチカンに遺伝的な異常はないと分かったため、ブリーダーの間で繁殖されるようになりました。

短足でも異常はない、「誕生は突然変異」それが短足マンチカンの登場の理由です。

短足マンチカンが産まれる確率

マンチカンは短足だけでなく、「中足」「長足」と主に3種類に分けられます

また、短足同士のマンチカンは遺伝的な異常が起こりやすいことから、交配は短足と長足の交配が基本的です。

その中で短足マンチカンが産まれる確率は約2割です

産まれる確率が低い分、価格も高くつけられることも特徴です。

スポンサードリンク

足が短い猫たち

足が短い猫は他にも沢山います。

他にどのような猫の種類がいるのでしょうか。

短足を持つ猫の種類

まずは、猫界の王様ペルシャ猫、ペルシャ猫と短毛種を交配して産まれるエキゾチック、ペルシャ猫とフランスの雑種の交配で産まれるシャルトリュー、マンチカンとセルカーレックスという種類を交配させたラムキン等がいます

聞きなれない種類もいますが、交配によって数えきれない程の短足猫がいるようです。

まとめ

短足マンチカンの誕生の歴史は突然変異と意外なものでした。

その数が増えてきているのは人間が交配させているからです。

しかし、このように可愛い特徴がある猫は他の猫に比べ病気になりやすかったり、マンチカンにおいてはダックスフントと同じように椎間板ヘルニアにかかる可能性も高いです。

人の手で増やされているのですから、病気や怪我にならないよう予防してあげましょう。

方法としては、生活する環境を整えてあげること、食管理をしっかりしてあげること、定期的な検診を受けさせてあげることが大切です。

そして、このまま可愛い短足マンチカンが途絶えないよう、責任をもって飼うようにしましょう。

スポンサードリンク