猫にとってトイレは縄張りのような場所であり、こだわりも強くて気に入らない猫砂だとトイレでせずに外にしてしまったり、トイレが不快だとストレスを感じて体調を崩してしまう事もある位ですから、猫のトイレと猫砂選びはとても重要です。

飼い主さんが選ぶんですが、マンチカンの好みも考慮してトイレや猫砂を選ぶようにしましょう。

マンチカンのトイレの選び方は?

トイレにはどのようなタイプのトイレがあるのでしょうか。

トイレのタイプのメリットやデメリットを把握して、マンチカンの好みそうなタイプのものや飼い主さんのライフスタイルに合うタイプのものを選びましょう。

トイレのタイプ

箱型タイプ、屋根付きタイプ(ドーム型)、システムトイレ(オープンタイプ)などのトイレがあります

各トイレのメリットは?

箱型タイプ(トイレの容器が浅くて掃除がしやすく、本体の値段がお手頃価格です。子猫も安心して使用出来ます。)、屋根付きタイプ(屋根付きで猫砂が飛び散りにくく、トイレ臭を軽減出来ます。神経質な猫向きです。)、システムトイレ(シートと砂の2層式で脱臭効果が期待でき、尿は下層のシートが吸収するので1週間は取り換え不要ですが、多頭飼いの場合は1週間シート持ちません。他のタイプのトイレより掃除の回数が少なくて済みます。)などがメリットになります。

各トイレのデメリットは?

箱型タイプ(容器が浅いので砂が盛大に飛び散りやすく、蓋付きでないため臭いがします。)屋根付きタイプ(ドーム型で2層式の場合は、システムタイプと同じシステムトイレ専用のシートと猫砂を使う事になります。箱型タイプより猫砂とシートの値段高いです。)システムトイレ(猫砂とシートはシステムトイレ専用でないと使えず、箱型タイプより猫砂とシートの値段高く、使うのを嫌がる猫もいます。)などがデメリットになります。

スポンサードリンク

マンチカンの砂の選び方は?

猫砂も色々と種類があるので、メリットとデメリットを参考にして頂き、マンチカンが嫌がらずに使用出来て飼い主さんにも使い勝手の良いものを選ぶと良いと思います。

猫砂の種類

鉱物系(ベントナイトなどの鉱物で出来ています。)、木材系(檜やおがくずなどの木が原料で出来ています。)、紙系(パルプや再生パルプが原料で出来ています。)、おから系(おからやお茶など植物由来げ原料で出来ています。)、シリカゲル系などがあります。

各砂のメリットは?

鉱物系(粒が細かくて水の吸収が良く固まり易いです。外にある砂と似ているので猫が好んで使います。)、木材系(砂の粒が大きめで、砂の飛び散りが少なくてトイレに流せる砂もあります。)、紙系(木材系と同じく砂の粒大きめで、吸水力が高くて価格が安いです。トイレに流せるすなもあります。)、おから系(固まり易く掃除がしやすいです。トイレに流せる物が多いです。)、シリカゲル系(湿気に強く臭いを吸収し易いです。)などがメリットになります。

各砂のデメリットは?

鉱物系(粒が舞い易く、トイレに流せません。鉱物粒子を吸い込む可能性もあり健康被害の恐れもあります。砂が飛び散り易いです。)、木材系(固まりずらいです。システム2層式のみで使用出来るが、システム用の砂は値段が高いです。)、紙系(固まりずらく粒が軽いので飛び散り易いです。)、おから系(独特な臭いがして、猫が気に入らない場合があります。猫が食べてしまう可能性もあります。虫がわく可能性もあります。)、シリカゲル系(尖っていて硬く、猫が踏むと怪我をする恐れがあります。)などがデメリットになります。

まとめ

人間も入り心地の良いトイレや使い勝手の良いトイレが良いように、マンチカンも入り心地が良く使い勝手が良いトイレが良いと思いますので、マンチカンが喜んで使ってくれるトイレや猫砂を選んであげましょう。

スポンサードリンク