マンチカンがヘルニアかも?ってなった時は、飼い主さんはとても心配になってしまいますよね。

マンチカンがヘルニアになる確率や症状や予防対策についてまとめてみたので、早期発見の参考にして早めに治療をしてあげるようにしましょう。

マンチカン 飼う マンション

マンチカンがヘルニアになる確率や症状や予防対策は?

マンチカンが発症しやすいヘルニアはどのようなヘルニアでどのような症状が出るのでしょう。

マンチカンをヘルニアにさせない予防対策を考えてみましょう。

マンチカンがヘルニアになる確率は?

マンチカンなど胴が長く短足タイプの猫は、軟骨形成に異常があり骨に奇形を持っていることが多く、そのうえ椎間板の繊維の輪が普通の猫よりもろいため、椎間板ヘルニアを発症しやすいようです

椎間板ヘルニアの症状は?

椎間板ヘルニアは背骨の間に挟まっている椎間板と呼ばれるクッションが潰れて変形してしまった状態のことで、椎間板が正常な位置から突出して骨髄や神経を圧迫するためさまざまな症状が出てしまいます

症状は椎間板ヘルニアが発症している場所や程度により症状が違います。

椎間板ヘルニアの程度は、痛みだけ、痛みと軽度の運動障害、反射の消失と運動の中度障害、完全に動かないけど痛みは感じる、完全に動かず痛みも感じないという順番で程度が高まります

発症場所の症状は、頚椎付近のヘルニアの場合の症状は前足の痛みや麻痺、胸椎付近の場合のヘルニアの症状は胸部の痛みや麻痺、腰椎付近のヘルニアの場合の症状は後ろ足の痛みや麻痺、頚椎付近における脊髄圧迫の場合の症状は首から下の痛みや麻痺、第二~第四腰髄,後肢の麻痺と前肢の伸展姿勢の症状が出ます。

歩き方がおかしい、運動を嫌がる、動きたがらない、抱っこを嫌がったり背中や腰を撫でると痛がる、排泄が困難などの場合には、獣医病院へ連れて行き獣医師に相談するようにしましょう

スポンサードリンク

マンチカンが椎間板ヘルニアになる原因は?

軟骨形成の異常による原因、老化による原因、肥満による原因、過度の外圧による原因などがあげられます

椎間板ヘルニアの予防対策は?

フローリングなどは滑りやすく高い所からも飛び下りた時も、マンチカンの足腰に負担がなるべくかからないようにコルクマットなどを敷くようにしましょう。

マンチカンが高い場所に上らない工夫もしましょう。

足腰に負担をかけないように食事の管理と運動で肥満にならないようにしましょう。

過度の運動や散歩は逆効果になる場合もあります。

落下事故や交通事故などの外傷に気を付けるようにしましょう。

まとめ

椎間板ヘルニアはしびれと痛みでとても辛い病気だと思います。

マンチカンが辛そうにしている姿を見ている飼い主さんも辛いと思います。

なので、そのよう病気にマンチカンがならないように予防対策や健康管理をしっかりとしてあげましょう。

スポンサードリンク