マンチカンに壁や家具などで爪とぎをされて家中傷だらけになって、困っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

マンチカンが爪とぎをする時の心理や爪とぎ防止対策について考えてみたいと思います。

マンチカン 毛球症 症状

マンチカンが爪とぎをする心理はどのような時?

マンチカンが爪とぎをする時の心理とはどのような理由があるのでしょうか。

自分の臭いをつけるため

猫の肉球にはフェロモンを出す臭腺があり、爪とぎをしながら肉球を壁などにつけることで、ここは自分の縄張りだと主張しています。

爪とぎは猫のマーキング行動です

新しく鋭い爪をキープするため

猫は狩をする動物で爪は猫にとっては、獲物を捕らえ自分の身を守ったりする大切なものです。

爪とぎすることで、古い爪の表面は剥がれ新しい爪になり、鋭く尖り獲物を確実にしとめるために普段から猫が手入れをし、狩の効率を良くして失敗を減らそうと野生本能が働いています。

ストレスを感じて爪とぎをする

猫がストレスを感じて、リラックスや気分転換をしたい時に爪とぎをします

飼い主さんにかまってもらいたい時も、飼い主さんの関心をひくために爪とぎをします。

マンチカンの爪とぎを防止する対策は?

マンチカンの爪とぎを防止するためにはどのような対策があり効果的なのでしょうか。

爪とぎグッズを準備する

爪とぎグッズを準備して爪とぎグッズで爪とぎをするように、猫を爪とぎグッズの所へ連れて行き前足を置くように触らせ覚えさせましょう

一度で覚えてくれれば良いのですが、何回かチャレンジしてもダメな場合は、その爪とぎが気に入らない可能性もあるので、別の素材の爪とぎに変えてみるなどしてみて下さい。

スポンサードリンク

障害物を設置する

猫に爪とぎをされて困る場所に観葉植物やスチールラックなどの障害物を置くと、爪とぎを防止することが出来ます。

朝顔やスズランやポインセチアなど有害物質を含む植物は、猫が食べてしまうと危険なので置かないようにしましょう

爪とぎ忌避(きひ)スプレーを塗布する

猫は柑橘系や酢やココナッツ系などの香りが苦手なので、爪とぎをして欲しくない場所に苦手な香りのスプレーをしておきましょう

ただし、頻繁に使用していると猫が香りに慣れてしまいます。

市販のスプレーじゃなくても、自宅にあるレモンやオレンジ等の柑橘系の絞って薄めたものや酢を薄めたものをスプレーで効果があるそうです。

定期的に爪を切る

定期的に爪を切ってあげることで、爪とぎ跡が軽減出来ます。

爪にキャップをする

ネイルキャップをつけるのを猫は嫌がると思いますが、ネイルキャップをすることで爪とぎを防止することが出来ます

ネイルキャップは1ヶ月位で取れてしまうので、再装着する必要がありますが長いことしているとカビが生えてしまう場合もあります。

まとめ

マンチカンと一緒の時飼い主さんはとても癒されると思いますが、マンチカンに壁などを爪とぎされボロボロにされてしまった場合は、大変困ってしまうと思います。

そうならないためにも対策が必要だなと思いました。

スポンサードリンク