ペット飼育可能の賃貸物件に引越しをして、ペットショップで見かけた可愛いらしいマンチカンを飼ってみたい。

でも、いくらペット飼育可能賃貸物件でも本当に大丈夫なのかな?爪とぎなどのトラブルがないかな?と不安や心配がありますよね?

その不安や心配が少しでも解消されるように、マンチカンを賃貸物件で飼う時の対策や爪とぎなどのトラブルについて考えてみましょう。

マンチカンを賃貸物件で飼う時の対策とは?

マンチカンを賃貸物件で飼う時の対策とは、壁や壁紙や柱をマンチカンの爪とぎでボロボロにされてしまうことに対する対策です。

一体どのような対策をしたら良いのでしょう。

壁や柱をカバーする

爪とぎが出来ないようにツルツルとした物で、壁や柱を覆えば爪とぎ出来ず壁や柱を傷付けずに済みます

ホームセンターなどで、プラスチック段ボールや爪とぎ防止シートなど購入することが出来ます。

メリットは、安価で簡単です。

デメリットは、見た目が良くないです。

爪とぎを壁や柱に設置する

市販されている爪とぎを壁や柱に設置して、マンチカンが爪とぎが出来て壁や柱を傷付けないようにします。

市販の爪とぎの他に、タイルカーペットやコルクマットや木の板や麻のマットを貼るのもいいです。

メリットは、マンチカンにストレスを与えない事です。

デメリットは、定期的に交換が必要なので他の方法よりお金が掛かります。

マンチカンにネイルキャップをする

壁や柱をカバーするのではなくて、マンチカンの爪自体をカバーしてしまいます。

イルキャップは、ネット通販やペットショップなどで購入でき、装着や着脱は飼い主さんが出来ます

メリットは、壁や柱だけではなくて人や家具なども傷付かない事です。

デメリットは、爪にカビなどが生えてマンチカンに負担がかかったりする場合があります。

スポンサードリンク

マンチカンを賃貸物件で飼育した時の爪とぎなどのトラブルについて

賃貸物件でマンチカンを飼育した場合に、臭いや騒音トラブルなど色々なトラブルが起きると思います。

1番多いのが退去費用でのトラブルです。

賃貸物件での爪とぎなどのよくあるトラブル

賃貸物件から退去時には大家さんに、部屋を入居した時と同じ状態の原状回復をして返さないといけません。

マンチカンを飼っていて何も対策をしていなかった場合や対策をしていても、壁や床がボロボロになったり獣臭が部屋に染み付いたりします。

壁紙の張り替えやホームクリーニングが必要で、約10万円以上の修繕費が退去時に必要なる場合があり、部屋がボロボロ程高くなり高額になった場合大家さんと借主とでトラブルになる事もあります。

ペット飼育可能賃貸物件では、退去時修繕費用にあてるために高めの敷金が設定されています。

よほどのマナー違反などしなければ、退去費用を新たに請求される事はほとんどありません。

近隣には動物が苦手な方もいると思うので、獣臭や騒音に気を付けたり対策をしながらマナーを守るようにしましょう

まとめ

賃貸物件でマンチカンと楽しく暮らすには、爪とぎなどの対策をした方が後々トラブルにならない為に良いと思いました。

臭いや騒音にも気を使うようにして、近隣住民ともトラブルにならないように気を付けましょう。

スポンサードリンク