マンチカンが毛繕いをしている姿はとてもキュートで可愛いですよね。

でも、この毛繕いで病気になることがあるみたいです。

毛繕いで病気になる毛球症とはどんな病気なのか見てみましょう。

マンチカン 毛球症 症状

毛球症とはどんな病気でどんな症状が起き予防対策や保険は?

毛球症とはどのような病気でどのような症状が起きるのでしょう。

有効な予防対策などはどうしたら良いのでしょう。

マンチカンが罹りやすい毛球症とは?

猫の舌はザラザラしていて毛繕いの度に被毛を飲み込んでしまいます

毛球症とは、毛繕いの時に飲み込んだ被毛が消化器官内に留まり、大量の被毛が胃の中で球状になり排便や吐くことも出来なくなる状態を言います

毛球症の症状は?

食欲が無くなる、吐こうとするけど吐くことが出来ない、便秘や下痢、お腹を触れられることを嫌がる

毛球症の疑いがある場合は、マンチカンの便をチェックしてみましょう。

毛球症の場合は、毛球が絡まったような排便をします。

毛球症になる原因は?

ブラッシング不足、吐き出し不足、ストレスが原因と言われています

ストレスを感じると毛づくろいが増えて、長い毛の場合はブラッシング不足により毛づくろいの時に飲み込む被毛の量が増えて、毛球症に罹りやすくなります。

スポンサードリンク

毛球症の治療や保険は?

軽症の場合は、毛球除去剤の使用(毛球除去剤の薬を猫の口元に塗布して猫が舐めると、便と毛球をコーティングしお通じが良くなり排泄する効果があります。)重症の場合は、外科手術(毛球除去剤の効果が無くて毛球が完全に詰まってしまったり、重症の場合には外科手術で胃や腸を切開して毛球除去を行います。)

毛球症治療にかかる費用は全額自己負担になり、獣医病院によって金額は変わると思いますが、症状が軽度の場合は診察料と薬代で約3000円くらい、症状が重症の場合は診察料や検査料や手術代などで約200000円くらい治療費がかかります。

病気になると経済的負担がかかるので、病気や入院や手術に対応したペット保険に加入していれば余裕を持ってマンチカンを治療させてあげられると思います。

ペット保険も色々な会社が販売しており、補償内容などにより保険料もさまざまなので比較検討を十分にして加入されると良いと思います。

予防対策は?

ブラッシングをこまめに行う(こまめなブラッシングをして毛を取り除けば、飲み込む毛の量を減少することが出来ます。)、猫草を食べさせる(猫草を食べさせることで、ストレス解消や草が胃を刺激して吐き気を誘発させると言われています。)毛球コントロールするフードやおやつを食べさせる(毛球コントロールのフードやおやつが販売されています。)、水分補給を促す(あまり水分を飲まない場合にはウエットフードなど水分の多い食べ物を与えてみましょう。)

排便を促すマッサージなども効果があると思います。

まとめ

マンチカンの毛球症の発症率を下げるには、日頃の丁寧なブラッシングすることが大事だと思いました。

マンチカンと飼い主さんのコミニュケーションを図るにも良いと思いますので、毎日数回は丁寧なブラッシングをしてあげましょう。

スポンサードリンク