マンチカンではありませんでしたが保護猫ちゃんの里親候補さんにワクチンの話をした際に、「え?1回打てばいいんじゃないの?」と言われてびっくりした事があります。

今回はマンチカンに必要なワクチンの種類や必要性、気になる費用について紹介します。

ワクチンの種類と必要性

マンチカン ワクチン 種類 必要性 費用

まず、ペットショップから迎えた子の中には「ワクチン接種費用込み」「ワクチン接種済み」としてお家にやって来る子も増えてきています。

我が家はブリーダーさん宅から迎えた子でしたので、獣医さんに打ちに行きました。

中にはブリーダーさんのご厚意で接種を済ませている子もいますが、確認が必要です。

何のワクチン?

ただ「ワクチン」といわれてもピンと来ませんよね?これは「今日打って下さい!」と病院に行って打ってもらえる訳ではなく、健康診断で決まる事が多いですが色んなワクチンが一緒になった「混合ワクチン」が多いです。

猫白血病・猫伝染性腸炎・ウイルス性気管支炎などのワクチンの接種が1度で出来ます。

3種混合(猫汎白血球減少症・カリシウイルス・ウイルス性鼻気管支炎)

4種混合(3種混合に猫白血病ワクチンをプラス)

5種混合(4種混合にクラジミアをプラス)

7種混合(5種混合にカリシウイルス2種をプラス)

と様々です。

また、接種前後の注意点もありますので、必ず獣医さんと相談の場を持ちましょう。

我が家も接種後に餌を食べないなどがありました。

必要なの?

獣医さんによっては「完全室内なら」という方もいるそうですが、絶対という事はあり得ないと考え、私は接種を決めました。

「このワクチンで病気が治る」というよりは「病気に対しての抗体を作る」という事になります。

我が家は室内飼いでしたが、私も家族の猫が好きで見かけると声を掛けて撫でてしまう事があるので用心のためにもお願いしました。

猫エイズについてはどの混合ワクチンにも含まれておらず、単独での接種が必要です。

子猫はいつまでに最初の接種をする?

母乳を十分に飲んでいる子なら母乳に含まれる栄養素で生後2か月位は病気にかかりにくいそうです。

ですので、生後2か月以降に1度目を接種する事をオススメします。

その後は、接種から1か月後にもう2度目を打ち、その半年から1年後までにもう1度打つ事になり、生後1年までに3回という事です。

スポンサードリンク

回数と費用は?

1度ではなく何度も打つ必要がありますが、1年後の先は毎年打つ必要があるのでしょうか?1回の費用も気になります。

飼い方による?

回数でいうと外飼いの子なら毎年、完全室内飼いなら2.3年に1度という頻度の様ですが、こちらも獣医さんによって違います。

費用は?

こちらも動物病院で違いがあり「均一で○円です」とは言いにくいですし、混合量でも違います。

3種で3000~5000円、4種で5000~7000円、5種で9000円くらいと言った所だと思います。

3年に1度の割合で3種混合ワクチンを16歳まで受けるとして、1年目までに9000~15000円、以降5回の接種で15000~25000円が必要ですから、かなりの金額になります。

高額ですが、毎年ではなく、何より長く一緒にいたいですよね?

まとめ

猫の混合ワクチンは生後1年までに3度打つ必要があります。

混合ワクチンの種類がありますので、相談の上、飼い猫に合った物を選びましょう。

それ以降は生活環境により違いはあるようですが、定期的に接種する事をおすすめしたいです。

出来る限り一緒にいたいと思ったので我が家では定期的に接種をお願いしています。

スポンサードリンク