まだまだ、人気の高いマンチカンです。

私は、ブリーダーになる予定や繁殖させる気持ちがなかったので、行きつけの獣医さんを見つけて健康診断に行った際に去勢手術を考えている事をお伝えしました。

鳴き声やマーキングも気になっていましたし、完全に室内飼いですが、外に出てしまった時の事なども頭にありました。

マンチカン 去勢 費用

去勢手術の時期とメリットは?

我が家の子は、相談した健康診断の際には、まだ子猫だからといわれた事もあり、少し時期を待つことになりましたが、健康上に問題のない子ならば「生後6か月頃までに」との事でした。

目安になる時期は?

猫の発情期は春というイメージが強いですが、1年中、繁殖が可能です。

(そうでなければ、春にしか子猫を迎える事が出来ない事になりますね?)

手術の目安の時期としては、生後6か月頃までに来る「初めての発情期」を迎える前までがベストの様です

我が家の子も4か月の時に受けました。

手術のメリット

確かに「自然の原理に反している」「かわいそう」という方の気持ちも分かります。

しかし、先にも触れましたが、万が一外に出てしまい繁殖してしまったら?

野良猫が増えてしまい、最悪な結末を迎えてしまう事も考えられます。

ペット可能のマンション等でもマーキングした尿の臭いや発情期の大きな鳴き声が原因でトラブルになる事もあります。

個体差はあり、術後もマーキングする子もいるそうですが、私は「かわいそうな子猫が増える可能性が少ない」と同じ位「トラブルなく一緒に生活出来る」という事がメリットだと考えています。

スポンサードリンク

気になる費用と術後の注意

完全に開腹手術になるメス猫よりは簡単な手術になります。

我が家の子も加入していますが、「ペットショップで勧められて」とペット保険に加入されている方もいらっしゃると思います。

我が家の子の加入プラン同様に、去勢・避妊手術には対応していない物が多いので、実費になってしまうと思います

費用と時間

「一律で○円!」とは言えず動物病院で金額は違いますが、13000~16000円くらいの所が多く、手術の時間は30分位で終わります

ただし、これはあくまでも「手術費用」であり「傷口が化膿しない様にお薬だしておきますね」などで出されるお薬は実費です。

トラブルを避けるためにも先に獣医さんと話し合っておく事をオススメします。

そして「ここに入院費がプラスされる」と何日かの入院が必要だと思っていましたが、術後数時間の様子見で日帰りできました。

術後の注意点は?

術後7~10日後に獣医さんで抜糸してもらいます。

中には、傷口を気にしてしまい舐めて傷口を悪化させてしまう子もいるので、エリザベスカラーの着用が必要な子もいます

抜糸完了後は、もうしばらく傷口を舐めないか等の観察は必要ですが、何事もなければ終了です。

なにか異変に気づいたら獣医を受診してくださいね。

まとめ

「子猫を増やさない」という事以外にも去勢手術にはメリットがあると思います。

中には手術後、太りやすくなる子もいますので専用の食事などで体調を管理してあげてくださいね。

また、費用は目安であり、動物病院で違いますので確認してください。

スポンサードリンク