少し遅くなって帰っても暴れたり、粗相した形跡もなくいつも通りに迎えてくれる事が多いマンチカン。

比較的、お留守番が得意ともいわれている種類なのですが、前もって準備などが出来る旅行の場合、何日位のお留守番が出来るのでしょうか?

マンチカン 飼う マンション

留守番出来る日にちは?

自由で飼い主に触られるのも嫌がる事がある子もいますが、さすがに自分で餌を出して、トイレを掃除して・・・という子はいません。

問題なく留守番が出来るのは何日位なのでしょうか?

なお、こちらの目安は健康な成猫の目安です。

子猫や病中・病後、高齢の子の留守番は極力避けて、素人で判断せずに獣医さんに相談してください。

1~2日

十分な餌と、好きな時に飲める新鮮なお水、キレイなトイレの準備がある事を前提にして、可能な留守番の日数は、この位だと思います。

旅行ならば2泊と言ったところでしょうか?

これ以上になる場合はペットホテルを利用したり、自宅での、お世話をお願い出来る人に頼みましょう。

我が家の子はホテルで他の猫の声や匂いに興奮してしまい、餌を食べなくなったり、鳴き続けたりする事があったので、掛かりつけの獣医さんがやっているペットホテルにお願いしていますが、満室の場合は、家族に様子を見に来てもらっています。

餌やお水

この餌やお水にも2日分ではなく、少し多めに与え、一か所ではなく別の場所にも準備しておくなど、倒してしまった時などへの対応をしておく事をおすすめします。

また、ウエットフードは傷みやすいのでドライフードの方がベターです

最近は、センサーで蓋が開閉するような餌入れも販売されているので、暴れて餌やお水をひっくり返す事のある子の留守番におすすめです。

スポンサードリンク

お留守番の環境は?

餌やお水の次に大切なのが環境です。

真夏や真冬はエアコンを入れたままにしたり暑さ・寒さ対策の他にも、いつも通りに過ごしてもらうための環境作りが必要です。

お気に入り

お気に入りのおもちゃや毛布など、いつもリラックスする時に使っている物を与えます

この際、お気に入りのおもちゃがボールなどの小さな物で隙間などに入ってしまわないようにガードをしておきましょう。

ゲージは避ける

いつも色んな部屋や場所を好きに行き来していた子を「危ないから」「暴れるから」と留守番の時だけゲージに閉じ込めておく方もいますが、ストレスに感じる子が多いので止めましょう

危険と感じる物や壊されると困る物を除け、出来るだけの先手を打ちます。

帰って来てからガックリしたくないですよね?

帰って来たら

「あー疲れた!」とソファーやベッドに直行ではなく、餌とお水の新しいのを与えて、猫に構ってあげましょう。

健康チェックにもなりますし、お留守番の成功を褒めて、甘えさせてあげてくださいね。

過剰なスキンシップが嫌いな子もいますから無理強いはしない様に。

まとめ

マンチカンをはじめ、猫が出来るお留守番の日数は長くて2日で、いつもの環境で過ごせる様にして出かけます。

最初から上手に出来る子はいませんし、半日くらいから始め、徐々に時間を長くするなどの練習が必要かもしれませんね。

ウチの子は帰って来た時の甘えが凄いので、褒めて、甘えさせてのフォローをしっかり取るようにしています。

スポンサードリンク