マンチカンは手足が短くてかわいいですよね!

でもなぜ、他のネコよりマンチカンは手足が短いのでしょうか?

また、しっぽにも特徴があるのも知っていましたか?

今回は、マンチカンの特徴的な手足の短さとしっぽについてご説明いたします。

マンチカン 目やに 病気

手足が短い

マンチカンの一番の特徴は「手足が短い」ことです。

けど、マンチカンをペットショップで見かけると、想像していたより手足が長いということもありませんか?

それは、マンチカンの手足が短い理由をきけば、納得すると思います。

手足が短い理由

マンチカンの手足の短さは突然変異によって出来ます

なので、すべてのマンチカンが他のネコより手足が短いというわけではないのです。

元々、マンチカンの起源は、1983年にアメリカで手足が短い野良猫からと言われています

手足が短い野良猫から色んな品種と掛け合わせて、手足が短いネコを生まれるようになってマンチカンという種類のネコが誕生しました。

マンチカンが誕生した頃は、骨などに問題がある、遺伝性の異常があるなどして反対する意見もあり、品種として認められていませんでしたが、1995年に、ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション(TICA)という団体に、新種として認められました。

また、マンチカンは遺伝の障害が発生を防ぐために、長い足のネコと掛け合わせをするため、手足が短いマンチカンが生まれてくるのは約2割と言われています。

マンチカンがペットショップで高い価格なのも、なかなか手足が短いマンチカンが誕生してこないからなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

しっぽ

マンチカンをよく観察していると、しっぽでバランスを取りながら歩いています。

尻尾をまっすぐと立たせて、お尻がフリフリと動く様子から「キャットウォーク」と言われています

また、しっぽの長さと体長の長さはほぼ一緒なのも特徴的です。

まとめ

マンチカンが野良猫から生まれたというのに少し驚きましたね。

また、マンチカンが新しいネコの種類に認められるまで、長い年月があることも分かりました。

飼う際にはマンチカンについてよく調べましょう。

マンチカンは怪我や病気になりやすいため、よく調べることで、マンチカンの病気やケガの防止につながると思います。

スポンサードリンク