マンチカン(猫)は小さくて足が短くてかわいらしく猫の中でも人気が高い種類です。

足が短いため、体重が増加して太ってしまうと足に負担がかかり病気になる可能性が高まります。

また、マンチカンは成長しても、子猫のように小さいので、大人になったからといってエサの与えすぎも要注意が必要です。

マンチカンの体重をキープするのが飼い主の役目です。

今回は、マンチカンの平均体重と推移体重についてご説明します。

マンチカン 暴れる しつけ

年齢にあった体重管理が大事

大人のマンチカンの平均体重は約2kg~3kg。

歳を重ねても、3kg前後にしておくといいと言われています

また、マンチカンは1歳で成猫になるため、1歳の体重をキープするようにしましょう。

1歳になるまでの推移体重について。

・生後2カ月~生後5カ月:約1kg~約2kg

 ・生後5カ月~2歳:約2㎏~約3kg

なるべく、1歳の頃の体重のキープしておくように心掛けるようにしましょう。

太り過ぎに注意!!

マンチカンは太りすぎてしまうと、短い足に負担がかかってしまい、寿命が短くなってしまいます。

マンチカンの平均寿命は約15年。

しっかりと体重管理をしていれば、長生きにもつながるので太りすぎないに気をつけましょう。

スポンサードリンク

体重増加を防ごう

では、マンチカンが太りすぎないようには、どのような対策をすればいいのでしょうか?

運動

人間と同じく、マンチカンにも運動が一番重要です。

特に、上下運動をさせてあげることがポイント

ペットショップなどで売っているキャットウォークキャットタワーを部屋に置くようにしましょう。

置いておくだけで、猫の習性として、自然と上下運動をするようになりますよ。

エサ

まずはエサを与えすぎないことが一番大事です。

1日にどれぐらい与えたらいいのかはキャットフードの袋や缶詰に記載してあるので参考にしてみましょう。

高脂質があるエサを与えるのもオススメ

吸収、消化が早い脂質は満腹感を感じることができるため、肥満予防にもつながります。

また、高タンパク質のエサだと、足の関節がサポートできるようになります

まとめ

かわいいマンチカンを家族として迎えたら元気に長生きしてもらいたいですよね。

短い足のマンチカンにとって、体重増加は命の危険性が高まります。

しっかりと平均の体重になるように、体重管理することが飼い主の役目だと思います。

スポンサードリンク