短足で可愛いマンチカン(猫)は、ペットして人気があります。

ペットとしてマンチカンを買うなら、長生きしてもらいたいですよね!

マンチカンの平均寿命は何年なのか?を説明しようと思います。

平均寿命より長生きしてもらいましょう。

マンチカン ゲージ 飼い方

平均寿命は?

マンチカンの平均寿命は10歳から13歳。

なかには15年以上、長生きするマンチカンもいます。

長生きのコツは?

マンチカンを大事に育てることは、長生きにもつながります。

マンチカンは短足のため、長生きするには少しコツがあります。

体重管理をしっかりする

マンチカンは短足のため、太ってしまうと足に負担がかかってしまいます

エサは市販のキャットフードをあげるようにして、1日の摂取量をしっかりと守るようにしましょう。

脂質が多いキャットフードは、消化と吸収が早いため、満腹感を感じることができて、食べ過ぎ防止にもつながります

スポンサードリンク

室内で飼う

ネコだから、外と家の中を行ったり来たりできるようにしてあげている家庭もありますが、外にでると、野良猫との接触で病気に感染してしまう、交通事故にあってしまう可能性があります。

また、室内で飼っているネコの方が、長生きするという日本ペットフード教会の調査結果もでています。

キャットタワーは低いところに置く

室内で飼うマンチカンは運動不足になりがちです。

キャットタワーなどの上下運動ができるものを設置してあげるのが大事ですが、注意が必要です。

高いところから飛び降りてしまうと、足の関節にダメージを与えてしまいます。

また、椎間板ヘルニアになる可能性があります

キャットタワーは低いところに設置するようにしましょう。

動物病院で定期的検査をうける

人間と同じく、マンチカンも定期的に病院で検査をうけることが大事です。

気がつかないうちに、足を骨折などのケガや病気になっている可能性もあります。

早期発見にもつながるので、動物病院で定期的に検査をうけるようにしましょう。

まとめ

マンチカンは、他のネコと違って短足なのが特徴的であり、かわいいネコです。

飼い主が大事に育てることは寿命より長生きにつながります。

マンチカンを買うなら、放置なんて絶対せずに、大事に育てましょう。

スポンサードリンク