マンチカンは短い足が特徴的なかわいいネコですよね。

実は足以外にも特徴的なものがあります。

それは「」です。

マンチカンには、短い毛と長い毛の2種類がいます。

短い毛のマンチカンは毛が抜けにくく、長い毛のマンチカンは毛が抜けやすいと言われています。

大量の抜け毛を放置しておくと病気になる可能性も・・・。

今回は、長い毛のマンチカンに抜け毛対策についてご紹介します!

マンチカン 毛

抜け毛対策は「ブラッシング」が一番!

マンチカンの毛も人間と同じく日々のブラッシングが重要で、抜け毛対策としてもブラッシングが一番効果的です。

ブラッシングの頻度について

短い毛のマンチカンなら1日1回程度。

長い毛のマンチカンなら1日2回頻度が理想的です。

ブラッシングを嫌がるマンチカンもいるとは思いますが、長い毛のマンチカンなら、朝晩とブラッシングをしてあげるように心掛けましょう

最初のうちは、カラダを撫でながらブラシを当ててみましょう。

ブラシを当てているうちにブラシに慣れてきて、ブラッシングがしやすくなります。

ブラッシングの方法

最初は、目の粗いブラシで毛を霜吹きスプレーなどで湿らせてから毛を逆立てるようにブラッシングしましょう

その際に、毛玉があったり毛が絡まっていたりしたら、皮膚にダメージを与えないように、毛元を持ってブラッシングするようにしましょう。

ブラッシングの最後には、目の細かいブラシで全身を整えてあげると毛並みが整い見た目がよくなるため、忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

抜け毛を飲み込んでしまうと「毛球症」になる可能性も!

毎日ブラッシングするのが面倒くさい!と思っても、長い毛のマンチカンの場合は、抜け毛を飲み込んでしまう可能性が高いため「毛球症」という病気になってしまいます。

「毛球症」とは

抜け毛を大量に飲み込んでしまうことで、毛が胃の中で絡んでしまい、嘔吐や排便をすることができなくなってしまう病気のことです

抜け毛を大量に飲み込んでしまわないように毎日ブラッシングすることで毛球症の防止にもつながるので、毎日ブラッシングするように心掛けましょう。

まとめ

飼っているかわいいマンチカンが毛球症という病気になってしまうのは可愛そうですよね。

毎日、ブラッシングをすることで、毛も抜けにくく、毛並みが良くなり、見た目も良くなるので、病気防止対策につながります。

メリットづくしのブラッシングを忘れないようにしましょう!

スポンサードリンク