マンチカンには、短い足、長い足、短い毛、長い毛とたくさんの種類があるネコです。

実は、マンチカンには毛色にも違いがあり、たくさんの毛色の種類があることは知っていましたか?

今回は、マンチカンの毛色の種類についてご紹介します。

なぜ、マンチカンには毛色がたくさんあるのか?

マンチカンには他のネコより毛色がたくさんあります。

それは、たくさんの種類のネコと掛け合わせであるからです

マンチカンは、遺伝の障害を防ぐために、短い足と長い足のネコで掛け合わせている分、毛の色の種類もたくさん生まれています。

どれぐらいの毛色の種類があるのか?

マンチカンの毛色には、クリーム系、レッド系、シルバー系などと数えきれないほどの種類があります。

今回は、数多くの毛色の種類のなかで、人気がある「三毛猫タイプ」と「タビー柄タイプ」の種類についてご紹介します。

スポンサードリンク

三毛猫タイプ

日本のネコといえば、ブラウン、ホワイト、ブラックなどという様々な毛色がある「三毛猫」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

マンチカンにも三毛猫のような毛色があるタイプがいます。

海外では、三毛猫タイプのマンチカンは、なかなか存在しないためか、人気がある毛色です

日本ではよく見かけるタイプの毛色で、日本ならではの毛色のため、日本でも人気があります。

タビー柄タイプ

タビー柄とは「しましま模様」のことです

タビー柄は、マンチカン以外のネコでも人気が高い毛色です。

タビー柄にも単色系(レッド、クリーム、ブラックなど)、混合タイプ、斑点模様、グルグルと円を描いているような模様などがあります。

まとめ

今回紹介した三毛猫タイプ、タビー柄タイプ以外にも、マンチカンにはたくさんの毛色の種類が存在しています。

マンチカンの毛色によって性格が違うということはありません。

どのマンチカンは穏やかで落ち着いている、人懐っこい性格です。

マンチカンを飼う際には、自分が気にいった毛色と性格があったお気に入りのマンチカンを選ぶようにしましょう!

スポンサードリンク