生き物には必ず寿命はあります。

また特徴(個性)があり可愛らしい人気のある子は特に病気なりやすい、また寿命が短いという気もします。

マンチカンも足が短かいい子や耳が垂れている子と種類は様々で、でもどの子もか弱そうなイメージです。

実際のマンチカンの実態についてみていきましょう。

マンチカン 平均寿命 病気

マンチカンの寿命

一般的な猫の寿命

猫の平均寿命はその生き方、育てられた環境によって左右されます。

一般的には10年~16年と言われており、室内の飼い猫は外にでる猫よりも比較的長生きです

マンチカンの寿命

マンチカンの平均寿命は11~13歳で、全体の猫の平均寿命より若干短いです。

しかし20歳まで生きたというマンチカンもいますので、必ずしもこの寿命とは限りません。

マンチカンを長生きさせてあげるために心がけるべきことは、まずマンチカンは太りやすいので食事は低カロリーにしてあげることです

オヤツも控えめにしましょう。

次に室内で育ててあげることも大切です

そして去勢手術を行ってあげましょう

妊娠を防ぐだけでなく発情期のストレスの緩和やメスは女の子特有の病気を防ぐことができます。

あとは予防接種や定期健診を怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク

健康に生きるために

平均寿命が比較的短いことが分かりましたが、病気にはかかりやすい体質なのでしょうか。

また遺伝で病気が残ってしまうことはあるのでしょうか。

マンチカンのかかりやすい病気・遺伝疾患

マンチカンは短足の子が多くいますが、その影響で「椎間板ヘルニア」になりやすいです。

マンチカンは交配する種類で遺伝性疾患をもつ可能性は低いですが、短足の親同士の交配で産まれたマンチカンは原因不明な突然死を起こす可能性が高いようです

その他の遺伝的疾患で心配されるのは、スコティッシュフォールドとの交配で産まれた子は、耳に障害が出る可能性が高いことです。

一般的な病気としてはその他、猫特有の毛球症にも注意が必要です。

毛づくろいの際に飲み込んだ毛が体内に溜まる症状で、気が付かないと切開手術をしなければなりません。

他にも、猫伝染性腹膜炎、白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症があげられます。

まとめ

マンチカンは病気にかかりやすい猫だと言えます。

飼う際には体に気を遣った物の配置であったり、食事の管理、定期的な病院への訪問は必ず行うようにしましょう。

スポンサードリンク