一人暮らしをしている人でペットを飼いたいと思う人は多くいると思います。

一人暮らしですと、大抵の人はマンションもしくはアパート住まいだと思いますので、仕事で留守にする際、子猫をひとりぼっちにしてしまう間が心配で飼うことを見送っている人も多いのではないでしょうか。

マンチカンはお留守番できるのか

マンチカンは一人暮らしの人にも向いている

マンチカンはどんな家庭環境の人でも飼いやすく、また狭い部屋でも運動が出来ればほとんどストレスになることはありません。

日中はほとんど寝て過ごすことが多いので家を空けても大丈夫ですが、マンチカンは甘えん坊の性格なので帰宅時には遊んであげてコミュニケーションを大切にしましょう

一人暮らしでも飼いやすい特徴

マンチカンの性格は穏やかで、また鳴き声も小さいため近隣の方への迷惑が抑えられます。

また大人しいだけでなくしつけやすい猫ですので、小さい時からしつけをしっかり行っておきましょう。

しかし、マンチカンは怒られることで恐怖心を強く抱きやすい特長もありまので、人間の感情だけで怒らないよう気を付ける必要があります

スポンサードリンク

注意点

飼いやすいことが分かるマンチカンですが、実際に子猫から飼うには注意しておかなければならないことも沢山あります。

飼い主さんが心得ておくべきことには何があるでしょうか?

まず子猫から飼う際にはエサの管理が大変です

1日3食は基本ですので、ただ用意するだけでは心配です。

子猫も人間の赤ちゃんと同じですので、放置してしまうのは危険な育て方と言えます。

マンチカンは肥満になりやすい体質をしていますので、健康管理は特に細かくチェックして病気や肥満をふせいであげましょう。

またエサだけではなく、火元の注意やゴミも出かける前には必ずチェックが必要です

好奇心が旺盛なので、物を誤飲してしまうこともありますので、出来るだけ部屋の物は片付けてあげることが大切です。

まとめ

比較的他の猫に比べて一人暮らしでも飼いやすいと言われるマンチカンですが、やはり子猫の間はあまり一人暮らしの人には少し難しいのではないでしょうか。

また小さいときにコミュニケーションを怠ると、人懐こいマンチカンでも飼い主との距離が生まれてしまいますので気を付けましょう。

そして愛情を沢山注いであげて、お互いに癒し合える家族になれることを目指しましょう。

スポンサードリンク