病気にかかりやすいマンチカンですが、子猫の時から気を付けておくべきことはあるのでしょうか。

また起こしやすい病気も一緒にみていきたいと思います。

マンチカン 飼う マンション

マンチカンが起こしやすい病気

一般的にかかりやすい病気

マンチカンのかかる病気には以下のような病気があります。

猫であればかかる可能性がある病気では慢性腎不全、皮膚糸状菌症、膀胱炎、結膜炎。

マンチカン特有の病気として椎間板ヘルニア、毛球症、猫伝染性腹膜炎(コロナウイルスによる腹膜炎にかかりやすいため)があります

遺伝性疾患

マンチカンの種類の中でも人気のある垂れ耳の種類はほとんどがスコティッシュフォールドとの交配で産まれた子がほとんどです

スコティッシュフォールドは骨や内臓に異常がでやすい種類で、その血を受け継いだ垂れ耳マンチカンは関節や内臓の病気にかかりやすいことが分かっています。

代表的な病気として骨肉腫があります。

スポンサードリンク

マンチカンの健康を守ろう

マンチカンがかかる病気はこれだけではなく、あくまでかかりやすい病気で他にもかかる可能性があり、病気は沢山あります。

遺伝的な病気を除き、飼い主の世話の仕方で病気は防ぐこともできます。

私たちが出来る病気予防にはどのようなことがあるでしょうか。

マンチカンの健康管理

子猫の時からしっかり健康管理をしてあげることで猫の体調も違います。

予防の基本として、まずは栄養管理、生活環境の快適さ清潔さ、ワクチンの接種、日ごろの飼い主の観察、これだけで病気にかかる確率はぐっと低くなります

生活環境については、椎間板ヘルニアになりやすいマンチカンのために肥満から椎間板に負担をかけないようにする以外に、低めのキャットタワーを置いてあげて遊ばせるように工夫してあげる必要があります。

更に床にはカーペットやコルクマットをひいてあげると腰への負担を和らげます

まとめ

大好きな愛猫の健康のために、まず飼う前に健康管理や病気についてもしっかり勉強することが大切です。

丈夫な足腰を作ること、免疫を作ること、毎日の飼い主のマンチカンへの生活管理やスキンシップをとって遊んであげることが未然に病気を防ぎます。

スポンサードリンク